節分の日の恵方巻き

最近、節分に恵方巻きを食べる習慣が根付いてきました。私が子供の頃、節分と言えば豆をまくぐらいで、特に他に何かするということはありませんでした。
ですが、最近は、すし屋の売り上げアップ戦略なのかどうかわかりませんが、あちこちで恵方巻きという声を聞くようになりました。しかも、季節ものなため、普段の太巻きよりも少し割高で売られているのです。予約しないと買えないぐらいの人気らしく、正月過ぎるとすぐに予約が始まっていました。
我が家はそれほど恵方巻きにこだわりがなく、特に予約もせず購入もしません。ですが、義母がわざわざ我が家の分の恵方巻きも予約して購入してくれるので、そのおかげで、ここ数年ずっと節分の日に恵方巻きを食べています。有難いことです。
恵方巻きの食べ方は、その年の恵方の方角を向いて、無言で一気に食べるというのが正しいみたいです。ですが、それほど恵方巻きにこだわっていない我が家では、恵方の方角を見ず会話しながら食べてしまっています。
そんな食べ方をしているため、なんだか義母に申し訳ないような気もしたりしてます。

25歳の第2新卒でも転職できる?※社会人経験に自信がない方へ

休日のスイミング

昨日は祝日だったけれど子供が通うスイミングは通常通りあったので旦那も一緒に見に行きました。普段は仕事の為なかなか見れないから、旦那も楽しみだったみたい。

ギャラリーではレッスンの様子を見学することができ、パパさん率がすごく高かったです。当たり前かもしれないけど。やっぱり考える事はみんな同じなんだね。
祖父母らしき人もきていたのでギャラリーは満員状態。普段なら座れるのに昨日に限っては立ち見の方もいました。

逆に祝日ということでお休みの人も多かったみたいで、お友達も何人か休んでていませんでした。
同じ級の一番仲良しの子がいなかったので娘はちょっと寂しかったかも。

スイミングに通いだしてもう2年が経ちます。最初は行くのを嫌がって前日の夜から泣いていたけれど、さすがにそういうのはなくなり「スイミングに行く」ということが習慣になってくれました。
お友達が一緒というのも娘にとって非常に大きな拠り所だと思います。スイミングは好きじゃないけれど、レッスン中に友達とおしゃべりするのは楽しいそうです。
このままの調子でクロールと平泳ぎぐらいはマスターしてほしいな。転職エージェント 年収交渉 

適材適所!

私は税理士事務所で働き始めてからは初めて経験することばかりでとても新鮮な気持ちで事務所に通っていました。しかし、税理士事務所で働き始めて3ヶ月目に私が思い描いていた税理士業の仕事と現実の税理士業の仕事のギャップを受け入れられなくなりました。何より、税理士事務所での仕事は人との会話が苦手な私にとっては難しく、何より私は税理士事務所で働くのに十分な資格さえも持っていなかったのもあり、税理士業界に馴染めていない自分を認めざるを得ませんでした。ある日、私は所長の背中を見て自分は本当に税理士になりたいのかと自問自答しました。何十年後に私が税理士事務所で働く所長のように働いてる絵は想像できず、心の底では税理士になりたいわけではない自分があらわになりました。私はすぐに退職を決め、自らが本当にやりたい仕事や自分が向いている仕事を追い求めることにしました。その後、某メーカーの物流部門に転職しました。現在は無理することなく自分の適性を活かせてるので、満足しています!